×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネオン管とは

ネオン管というのはガス放電管の種類穂ひとつで封入ガスとしてネオンガスを使ったものがネオン管です。冷陰極低圧放電灯ともネオン管は言います。ネオン管は一般的にはネオンサインの使用する用途によっては、水銀、ヘリウムや窒素などを使ったりして、管内壁に蛍光物質を塗ったりして、色々なネオン管があります。ネオン管は、蛍光灯のガラスの管の部分を着色して、蛍光物質を調製したような蛍光のサイン管の事もネオン管といっていることが多いようです。ネオン管を使った照明器具を工事する場合には、特殊電気工事資格者の資格を持っている人でなければ作業することができません。ネオン管はインテリアやおしゃれとしてお店や部屋のインテリア的に飾られていることもよくあります。ネオン管でアルファベットの文字を作って看板代わりにしているところも見かけます。ネオン管のガラスの管の太さをより細くするとより高い電圧でネオン管の放電が始まりますからとても明るく輝いたネオン管を作ることも可能です。

ネオン管の仕組み

ネオン管では色々な色ができるのですが、なぜネオン管ではいろいろな色が出せるのでしょうか。ネオン管は電子が気体になった原子とぶつかった際にその気体のおかげで異なった光を出すことが出来きます。ですからネオン管は色々な色を出すことが可能なのです。ネオン管の両方の端には、電極がついているので、電流を流せばどちらか片方から反対の端まで電子が流れて飛び出します。この時飛び出した電子が管の中に詰まっていた気体の原子にぶつかることで特定した色が発光すると言う仕組みになっています。例えばネオン管の中にネオンという期待を入れた場合には赤く発光しますし、ネオンではなくてアルゴンを入れた場合には青紫に発光するといったわけです。この二色がネオン管の気体を変えることで色が変わる仕組みの基本となる色になるのですがこれ以外の色をネオン管で発光させたい場合には、管そのものに色をつければネオン管が赤、青紫以外の色に発光することも可能です。

車のネオン管

ネオン管はいままで、外の屋外広告の看板としての働きが主なネオン管の働く場所として多く存在していました。現在でもネオン管は繁華街には必ずといって必要なほどのライトの一つです。しかし、ネオン管は、外だけでなく自分達の家や部屋でもネオンアートとしてネオン管を楽しむ人もいるようです。ネオン管を確かにネオン管を部屋に飾っておくととても綺麗で幻想的な部屋になります。バーやクラブなどのショップでは昔から外の広告としてのネオン管以外にも、室内にもネオン管を飾ってきましたが、最近では自宅にネオン管をつけたり車の中にネオン管をつけて楽しむ人もいるようです。個人向けのネオン管や、ネオン管のオーダーメイドを行っている業者もいるくらいネオン管は人気があるといえるようです。今までのネオン管は広告、商業用というイメージしかなかったのですが最近のネオン管はインテリアデザインとしての昨日も多いようですねからネオン管が身近な存在にあるようです。

Copyright © 2008 ネオン管についての悩み解決のお手伝い